俳優の山田孝之が、古典落語を原作・原案とした3つの短編からなるオムニバス映画「らくごえいが」に出演することがわかった。「死神」が原作で、松井一生監督がメガホンをとる「ライフ・レート」に安田顕、本田翼とともに出演する。原作・原案となるのは、古典落語の「ねずみ」「死神」「猿後家」の3本。「ねずみ」が原作の「ビフォーアフター」には田島ゆみか、音尾琢真、斉木しげる、「猿後家」が原案の「猿後家はつらいよ」には加藤貴子、戸次重幸、「フルーツポンチ」の村上健志、西方凌が出演する。また、ベテランから若手にいたるまでの著名な落語家へのインタビューも網羅。映画の案内人として、人気急上昇中の若手落語家・桂三四郎の参加が決定しているほか、音楽は全編を通じてミュージシャンのHARCOが手がける。同作は、クラウドファンディングサービス「ドリパス」で個人協賛を募集中。個人サポーターとしてのクレジット表記、スタッフTシャツのプレゼント、試写会への招待などが特典となっている。撮影は8月3日まで行われ、その後、落語家へのインタビューを敢行する。「らくごえいが」は、2013年にユナイテッド・シネマほか全国で公開。

猜你喜欢

HD高清
HD高清
HD高清
HD高清
HD高清
HD高清
HD高清
HD高清
HD高清
HD高清

相关热播

HD
HD
HD高清
BD
HD高清
HD高清
完结
完结
HD高清